太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA

2021年

08月03日 (火)

本日開館

美術館:10:00-18:00
図書館:10:00-18:00
カフェ:10:00-20:00

太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA
  • Instagram
  • Twitter
  • facebook
  • youtube
  • mail
書籍検索

太田の美術vol.4「森竹巳-造形実験の軌跡-」

2021年7月31日(土)~2021年10月24日(日)

素材と形の多角的な捉え方と、その構成による多彩なイメージ。
未だ見たことのないイメージを追求し、実験のように繰り返されてきた、太田市出身・在住の森竹巳による造形を一挙公開します。

図書館だより(2021年8月号)

図書スタッフが毎月作成している図書館だよりを紹介します!!
〈最新号〉2021年8月号を掲載しました!

企画コーナー「音楽と絵本とつながる」

2021月7月20日(火)〜2021年8月29日(日)

おおた芸術学校×太田市美術館・図書館 初のコラボレーション企画
前橋市出身の著名な作・編曲家である福島弘和先生が、当館の蔵書の中から選ばれた絵本を題材に素敵な曲を作ってくださいます。候補は5冊。あなたの好きな絵本はどれですか?ぜひ投票してみてください!
また、コラボレーション企画にあわせて音楽に関する本をご紹介します。

企画コーナー「小学生読書感想文おすすめコーナー」

2021月7月20日(火)〜2021年8月29日(日)

こどもたちの夏休み応援企画として、読書感想文に苦手意識を持っている小学生や、どんな本を探したらいいのか迷っている大人の方にも、楽しんで取り組めるよう、読書感想文に関連する本や課題図書・推薦図書、スタッフおすすめの本を紹介します。

雑誌スポンサーを募集します!

太田市美術館・図書館に配架する雑誌の購入費を負担して下さる「雑誌スポンサー」を募集します。雑誌スポンサーは、当館で必要とする雑誌を提供していただくと、その雑誌にスポンサー名称を掲載することができる制度です。

【森竹巳展】関連イベントのご案内

太田の美術vol.4「森竹巳-造形実験の軌跡-」の関連イベントとして、森氏による講演会や小学生以上のお子さんから参加できる創作ワークショップを開催します。ぜひ、ご参加ください。

図書館の怪談会

2021年8月12日(木)

夏休み特別企画として、本当に怖いおはなし会を開催します。
「怖い話が大好き」なあなた、チャレンジしてみませんか?

子ども落語ワークショップ

2021年8月21日(土)

伝統芸能「落語」を体験する子ども向けのワークショップを開催します。
「落語」を通じて楽しみながら想像力や伝える力を育みます。

おはなし会を開催しています!

図書館エリアでは、図書スタッフのおはなし会と読み聞かせボランティア『ウーフ』のおはなし会を開催しています。今回はどんなおはなしかな?世界中の本に囲まれた色彩豊かな部屋で、心おどる一冊と出会えるかもしれません。
※参加料は無料です。

おおた まちじゅう図書館

おおたまちじゅう図書館

太田市内の商店や事務所、個人宅にある本で、小さな図書館をつくりました。 各館長のお気に入りの本、思い入れのある本が置いてあります。
まちを訪れた人やまちに暮らす人が自由に手に取り、館長との会話を楽しむ「ふれあい」の図書館です。
おおたで「本」と「出会い」と「まち歩き」を楽しんでください。

開館3周年記念展「HOME/TOWN」カタログ発売のお知らせ

本展公式カタログを左右社より刊行いたします。主要な展示作品の図版はもとより、吉江淳氏、片山真理氏の収録作品および「ホームタウン」にまつわるインタビューに加えて、ミュージシャン・前野健太氏の詩に関するエッセイ、詩人であり比較文学者である管啓次郎氏による吉江氏の写真に関する論考、編集者であり、アート関係の執筆を数多く手掛ける牧信太郎氏による片山作品に関する論考も収録。本展ディレクター・小金沢智氏による、「ホームタウン」という主題を取り上げた意図と各展示の解説もぜひお読みいただきたい内容です。

太田の美術vol.3「2020年のさざえ堂ーー現代の螺旋と100枚の絵」カタログ発売のお知らせ

「2020年のさざえ堂——現代の螺旋と100枚の絵」公式カタログ『2020年のさざえ堂-現代の螺旋と100枚の絵』を、左右社から刊行いたします。充実した展示風景の写真(撮影:吉江 淳 氏)とともに、本展で展示した高橋大輔による100枚の絵を全点収録。また、「螺旋」に対し、「たえず更新される人間精神の活力の表現である」と述べた澁澤龍彦の「螺旋について」(『胡桃の中の世界』1974年)再録のほか、生物学者・福岡伸一氏、美術史家・北澤憲昭氏による螺旋に関する論考、本展企画者の展示解説、出品作家3名のインタビューを収録しています。

ページの先頭へ移動