太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA

2022年

09月25日 (日)

本日開館

美術館:10:00-18:00
図書館:10:00-18:00
カフェ:10:00-18:00

太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA
  • Instagram
  • Twitter
  • facebook
  • youtube
  • mail
書籍検索

企画コーナー「渡って来たもの~古墳から建築まで~」

2022月8月31日(水)〜2022年9月25日(日)

トライノアシオト展に合わせ、美術展に関連する本と古墳、はにわに関する本を展示します。また建築の歴史をメインに、渡来した文化にまつわる本を紹介し日常の中にある渡来の文化を知るきっかけになるような企画です。

企画コーナー「さわる絵本」

2022月8月31日(水)〜2022年9月25日(日)

高崎市・高崎市内のNPO法人3団体により開催される、メルヘンと遊びの世界展「ふつう」ってなあに?(開催期間:9/10~9/19)に関連したコラボ企画です。障がいの有無にかかわらずどなたでも楽しめる本(さわる絵本)をご紹介します。
目が見える人も見えない人も、大人も子供も…みんながさわって楽しめる絵本を集めました。点字の凹凸や、布のふわふわした感じ。いつもの絵本では味わえない感覚です。
障害や年齢に関係なく、みなさんぜひ手に取ってさわって読んでみてください。

図書館だより(2022年9月号)

図書スタッフが毎月作成している図書館だよりを紹介します!!
〈最新号〉2022年9月号を掲載しました!

雑誌スポンサーを募集します!

太田市美術館・図書館に配架する雑誌の購入費を負担して下さる「雑誌スポンサー」を募集します。雑誌スポンサーは、当館で必要とする雑誌を提供していただくと、その雑誌にスポンサー名称を掲載することができる制度です。

デザインワークショップー美術館・図書館のサインを考えてみよう!ー

2022年10月1日(土)

美術館・図書館の館内各所にあるサインは、すべてオリジナルのものです。言葉ではなく、絵で意味が伝えられるサインは、さまざまな人が使う公共施設になくてはならない“しるし”になります。
そんなサインに関する子ども向けワークショップを実施します。美術館・図書館内を探検しながらどんなものがあるのか知ってみましょう。そして、そのサインをデザインしたデザイナーの平野篤史さんと一緒に、使われなくなった金属などを使って、オリジナルサインを作ってみませんか?

令和4年度 後期えきまえ寄席 開催日及びチケット販売について

2022年10月15日(土)、11月19日(土)、2023年1月21日(土)、2月25日(土)、3月18日(土)

落語見たけりゃこちらへござれ
上州太田は『笑』のまち
笑顔のあふれる『福』のまち

月に1度のお楽しみ
落語通から初心者まで、ワンコインでどなたも満足!
笑顔の花も賑やかに『えきまえ寄席』後期開催が決定しました!

おはなし会のご案内

図書館エリアでは、図書スタッフのおはなし会と読み聞かせボランティア『ウーフ』のおはなし会を開催しています。今回はどんなおはなしかな?世界中の本に囲まれた色彩豊かな部屋で、心おどる一冊と出会えるかもしれません。
※参加料は無料です。

おおた まちじゅう図書館

おおたまちじゅう図書館

太田市内の商店や事務所、個人宅にある本で、小さな図書館をつくりました。 各館長のお気に入りの本、思い入れのある本が置いてあります。
まちを訪れた人やまちに暮らす人が自由に手に取り、館長との会話を楽しむ「ふれあい」の図書館です。
おおたで「本」と「出会い」と「まち歩き」を楽しんでください。

本と美術の展覧会vol.4「めくる、ひろがる-武井武雄と常田泰由の本と絵と-」 カタログ発売のお知らせ

本と美術の展覧会vol.4「めくる、ひろがる-武井武雄と常田泰由の本と絵と-」公式カタログを刊行いたします。武井武雄作品は展示作品全点掲載、常田泰由作品は厳選した作品で構成しております。また、展示風景写真も掲載しておりますので、展覧会の様子もご覧いただけます。信州大学人文学部教授の金井直氏、当館担当学芸員による論考と、常田泰由氏のインタビューも収録しております。「めくる、ひろがる」展をぜひ書籍でもお楽しみください。

太田の美術vol.4「森竹巳―造形実験の軌跡―」カタログ発売のお知らせ

本展公式カタログを刊行いたします。本展の内容に合わせて、Allusion、百均造形、光の効果を用いた作品、初期作品を多数の図版によって紹介しています。また、森氏が手掛けたパブリック・モニュメントやデザインの仕事も知ることができる内容です。群馬県立館林美術館元館長の染谷滋氏による論考のほか、森氏のインタビュー原稿も収録。A4変型判の大きめの画面で作品をご堪能いただけます。

ページの先頭へ移動