太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA

2018年

01月22日 (月)

本日休館

美術館:close
図書館:close
カフェ:close

太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA
  • Twitter
  • facebook
  • youtube
  • mail

太田の美術vol.1「生誕90年 正田壤 芸術は遊びの極致」

2018年2月2日(金)~2018年4月8日(日)

太田市を代表する洋画家・正田壤(1928-2016)の生誕90年を機に開催する回顧展です。画業初期の1949年の作品から、絶筆の2013年の作品まで、素描や、絵本『まっかっかなむすめがまどからのぞいている』(文・編:木乃美光、福音館書店、1973年)原画全点など、約50点で正田壤の画業を振り返ります。太田の文化芸術において重要な作家を継続的に紹介する展覧会<太田の美術>第一弾として実施します。

雑誌スポンサーを募集しています!

太田市美術館・図書館では、本施設が必要とする雑誌を提供していただくと、その雑誌にスポンサー名称を掲載する「雑誌スポンサー制度」を始めました。

企画コーナー「オーストラリアと繋がろう~オーストラリアってどんなとこ?~」のご案内

2018年1月5日(金)~2018年1月31日(水)

太田市美術館・図書館とオーストラリアのシドニーオペラハウスとの共同プロジェクトとして開催される“Join The Dots”にあわせ、図書館では本を通じてオーストラリアとの交流を図ります。オーストラリアの豊かな自然や動物、文化のほかオーストラリアの人に昔から長く愛され読まれている絵本や児童書なども紹介します。

シドニーオペラハウス共同事業「ジョイン・ザ・ドッツ」

2018年1月16日(火)~2018年1月21日(日)

オーストラリアのシドニーオペラハウスとの共同プロジェクトとして、太田とシドニーを結ぶ子供向けアートワークショップを開催いたします。本プロジェクトは日本初公開。太田からシドニーに、シドニーから太田に、お互いに両国のアーティストを派遣、それぞれの会場に設置された大きな壁に、現地の子どもたちと一緒に絵を描くとともに、インターネットで両会場を結び、リアルタイムで交流をおこないます。

1月度 金曜名画座を開催します!

2018年1月26日(金)

ようこそ!!銀幕の世界へ 
プレミアムフライデー企画 映画上映会 月末金曜は、ちょっと豊かに。「映画を見よう」

えきまえ寄席を開催します!

2017年10月21日(土)~2018年2月17日(土)

月に1度のお楽しみ
落語通から初心者まで、ワンコインでどなたも満足!
笑顔の花も賑やかに「えきまえ寄席」好評開催中です。

おはなし会を開催しています!

2018年1月7日(日)~2017年3月20日(火)

図書館エリアでは、図書スタッフのおはなし会と読み聞かせボランティア『ウーフ』のおはなし会を開催しています。今回はどんなおはなしかな?世界中の本に囲まれた色彩豊かな部屋で、心おどる一冊と出会えるかもしれません。
※参加料は無料です。

おおた まちじゅう図書館

おおたまちじゅう図書館

太田市内の商店や事務所、個人宅にある本で、小さな図書館をつくりました。 各館長のお気に入りの本、思い入れのある本が置いてあります。
まちを訪れた人やまちに暮らす人が自由に手に取り、館長との会話を楽しむ「ふれあい」の図書館です。
おおたで「本」と「出会い」と「まち歩き」を楽しんでください。

本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり」:カタログ発売のお知らせ

本と美術の多様なかかわりをテーマとして当館で継続的に実施する、本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり~絵本原画からそうぞうの森へ~」公式カタログ(会期:2017年8月4日~10月22日)が発売になりました。本書では、撮り下ろしによる展示作品全点と、章解説や作品解説などのテキスト全点の収録にくわえ、書き下ろしも含めたテキスト多数によって、展覧会の全貌を余すところなく収録。表紙は大小島真木による《46億年の記憶》(2017年)。デザインは、イラストレーターとしても活躍する惣田紗希。

開館記念展「未来への狼火」:カタログ発売のお知らせ

開館記念展「未来への狼火」公式カタログ(会期:2017年4月26日~7月17日)が、国書刊行会より発売になりました。本書では、展示室内での作品はもちろんのこと、館内への作品展開や、開館記念展開幕前日に実施された開館記念パフォーマンス「オオタドン」など、展覧会の全貌をA4判の大きさで収録しました。また、論考は、開館記念展を機に本格化する当館の今後の美術事業や、基本理念についても述べることで、当館の未来をともすものとなっています。デザインは、本館のロゴマーク及びサイン計画を手掛けた平野篤史。

ページの先頭へ移動