太田市美術館・図書館 ART MUSEUM & LIBRARY, OTA
  • Instagram
  • Twitter
  • facebook
  • youtube
  • mail

世界のバリアフリー児童図書展-IBBY選定バリアフリー児童図書2019-

2020年11月14日(土)~2020年11月29日(日)

2019 IBBY selection of outstanding books for young people with disabilities

2019 IBBY selection of outstanding books for young people with disabilities

インフォメーション

名称:世界のバリアフリー児童図書展-IBBY選定バリアフリー児童図書2019-
会期:令和2年11月14日(土)~11月29日(日)
会場:太田市美術館・図書館 展示室1(1F)
開催時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日:11月16日(月)/11月24日(火)/11月25日(水)
観覧料:無料
主催:太田市、一般財団法人太田市文化スポーツ振興財団
共催:JBBY(一般社団法人日本国際児童図書評議会)
協力:社会福祉法人太田市社会福祉協議会、太田点訳奉仕の会

チラシ

概要

バリアフリー児童図書とは、すべての子どもたちが読書の楽しみを享受できるような特別な配慮を加えたり、障害の有無にかかわらず共に楽しめたり、障害について描かれている本です。
IBBY(国際児童図書評議会)が2019年に選んだ世界20か国のバリアフリー児童図書40作品を展示します。
本展示会の図書は3つのカテゴリーにわけて展示しています。

  • カテゴリー Ⅰ 特別な形態のもの
    さわる絵本、布の絵本、読みやすい活字の本など9作品を紹介します。
  • カテゴリーⅡ 誰でも楽しめるもの
    特別な形態ではないけれども、誰でも分かりやすく、学習障がい、知的障がい、発達障がいのある若い人たちも共に楽しめる絵本7作品を紹介します。
  • カテゴリーⅢ   障害についてのもの
    さまざまな障害について描かれている本24作品を紹介します。

■IBBYとは?

IBBY=International Board on Books for Young People(国際児童図書評議会)は、1953年、子どもの本を通して国際理解を広める目的で創設されました。現在は81以上の国と地域が加盟し、子どもと本を結ぶ活動に携わる人々の国際ネットワークになっています。
この展示会はIBBYの日本支部であるJBBY(日本国際児童図書評議会)の巡回展です。各地の開催スケジュールはJBBYホームページでご確認ください。
JBBYホームページ http://jbby.org/

■日本からの選出作品

「モグモグぱっくん」 
てのひらの会(制作)
2008(布の絵本)
「夏がきた」
羽尻利門作 
あすなろ書房 2017
「このあいだになにがあった?」
佐藤雅彦、ユーフラテス作
福音館書店 2017

関連イベント

[1]あつまれ!バリアフリーの森

福祉器具を装着し、体験できるコーナーです。
日程:令和2年11月14日(土)~11月29日(日)の開館日
会場:展示室1(1F)
申込み:不要(直接会場にお越しください)
参加費:無料


 

[2]点字でチャレンジ!オリジナルカードをつくろう

点字カードを作成するワークショップです。点字を体験してみましょう。
日程:令和2年11月21日(土)①10:30~②11:00~③11:30~④12:00~
会場:イベントスペース(1F)
対象:5歳以上(未就学児は付き添いが必要)
定員:各回6組(1組3名まで付き添い含む)
参加費:無料
申込み:
11月3日(火)午前10時から先着順で受付します。(定員になり次第締切らせていただきます。)直接窓口にお越しいただくか、下記のイベント申し込みフォームに「①参加者全員の氏名・年齢 ②参加希望回 ③電話番号 ④メールアドレス」を入力して送信してください。

イベント申し込みフォームはこちら(11/3 午前10時よりページを公開します)

※イベント申し込みフォームから申し込みされた方は、当館から確認のメールが送信されます。「event_tosho@artmuseumlibraryota.jp」が受信できるよう設定をお願いします。

 

ページの先頭へ移動